繭の家 ひな祭り展 内田家住宅にて雛人形が特別展示されます

秩父のひな祭りは4月3日です。
秩父のひな祭りに合わせて、
内田家住宅で、ひな人形の特別展示が行われます。

内田家おひなさま

内田家の雛人形 特別展示の日程・概要

会場 内田家住宅
埼玉県秩父市蒔田891
期間 2017年4月1日(土)~2017年4月9日(日)
時間 10:00~17:00
特別展示 絵画・工芸・写真・花
その他イベント 4月1日(土) 黒谷聖神社獅子舞特別公演
※11:00~ 14:00~ 計2回公演
4月2日(日) 松葉美保とゴスペラミュウ、平沼えりか
4月5日(水) 居合抜刀術
4月8日(土) 寸劇、古楽器演奏、端唄
4月9日(日) 萩平子供歌舞伎公演
※11:00~ 14:00~ 計2回公演
売店 あり
農産物 東日本被災地支援コーナー
お問い合わせ 0494-75-2427

内田家住宅までのアクセス

内田家住宅について

埼玉県秩父市蒔田にある「内田家住宅」は、
1971年6月22日に、国の重要文化財に指定されています。

内田家住宅

木造一部二階建てとなっており、
秩父で盛んだった養蚕農家の住宅の特徴が色濃く反映されています。

約300年前に建てられ、2013年からは
解体修理が行われていました。

そして今回、修理後初めてとなる雛人形の特別展示。

お雛様の展示のほかにも、様々なイベントが同時開催されます。

内田家展示作品

4月3日が ひな祭り?

内田家おひなさま

ひな祭りといえば、3月3日というイメージがありますよね?
しかし、秩父地域では4月3日に行われています。

その理由を簡単に説明しますね。

ひな祭りは”桃の節句”(節句=1年の節目)に行われます。
節句は1年に5回あり、端午の節句や七夕などもそうですね。

もともとは中国から伝わった節目の日で、
上巳の節句(じょうしのせっく)と呼ばれていました。
上巳とは、3月の初めの巳の日を指します。
日本には平安時代に伝わったといわれています。

あれ?それなら3月じゃないか!と感じたあなたに、
もう少しだけお話ししますね。

もともと、和暦の3月3日(3月の節句)に行われていたひな祭りですが、
明治6年に新暦に変更されたため、日にちのズレができてしまいました。

どのくらいのズレかというと、約1ヵ月です。

つまり、和暦での3月3日が、現代の4月の初めころにあたります。
なので3月3日からちょうど1ヵ月ずらした4月3日に行われているんです。

これは秩父地域に限らず、
ほかにも4月3日にひな祭りが行われる地域も多いんですよ。

毎年のひな祭りを何気なく過ごしてきた方も、
今年は素敵なお雛様を見ながら節句をお祝いしてみませんか?

スポンサードリンク

ちーぽん編集部

投稿者プロフィール

ちーぽん編集部はオール秩父出身・在住のスタッフのチームです!!
秩父に関するいろんな情報をお届けしています。
みなさまからの情報提供も絶賛受付中♪
各公式SNSより更新情報も配信していますので、気軽にフォローお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ちーぽんについて。~私たちの想い~

秩父大好き♡

だから、たくさんの人に秩父を好きになってほしい! 秩父をより深く知ってもらうために、さまざまな情報を掲載していきます。

最新記事

  1. 三峰神社の初詣
スポンサードリンク

秩父の天気

ページ上部へ戻る