秩父の釣り堀情報 秩父で釣りはいかが?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秩父地域には、たくさんの釣り堀があるのをご存知ですか?
あまり知られていない釣り堀情報です!

秩父で釣りはいかが?

美しい自然あふれる秩父で釣りがしたい!という願望をお持ちの方、お待たせしました!
秩父地域の釣り堀の情報をまとめました。
釣りをしたら、やはりそのまま焼いて食べたくなりますよね?
釣った魚を焼いている様子
これぞ釣りの醍醐味です。
ですので今回は、釣った魚を食べられる施設がある釣り堀をご紹介します。

大血川渓流観光釣場

所在地 埼玉県秩父市大滝5199-1
埼玉県秩父市大滝5199-1
お問合せ 0494-54-2411
※夜間 0494-54-0247
営業時間 7時00分 ~17時00分
3月・10月・11月は8:00~16:00
定休日 12月1日~2月末日まで冬期休業
釣った魚を食べる施設 あり
電車・タクシーでのアクセス 秩父鉄道「三峰口」駅よりタクシー(約3,000円)
お車でのアクセス
無料駐車場あり 約50台
国道140号線から大血川入口より大陽寺方面 約5キロ
公式サイト http://oochigawa-fishing.jp/

あしがくぼ渓谷国際釣場

所在地  埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ケ久保1028

埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ケ久保1028<!--end_kaddress-->
お問合せ 0494-24-3812
営業時間 07:00~17:00
定休日 12月~2月末まで
釣った魚を食べる施設 あり
電車でのアクセス 西武鉄道「芦ヶ久保」駅より徒歩
お車でのアクセス
(駐車場20台あり)
 関越道「花園」ICより国道140号、国道299号経由
公式サイト  http://akkt.sakura.ne.jp/

奥秩父源流中津川渓流釣場

所在地 埼玉県秩父市中津川447
埼玉県秩父市中津川447
お問合せ 0494-56-0545
営業時間 8時00分~17時00分
定休日 水・木曜日(7月・8月は無休)
釣った魚を食べる施設 あり
電車・バスでのアクセス 秩父鉄道 三峰口駅 下車
三峰口駅より市営バスにて終点 中津川 下車 徒歩約20秒
お車でのアクセス
(駐車場あり 50台)
国道140号線下り(花園ICより) 約1時間50分
秩父市大滝まで国道140号を進む
右折して県道210号線に入る
公式サイト http://www.nakatsu-tsuri.com/

刈米マス釣り場

所在地 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬7584-1
埼玉県秩父郡横瀬町横瀬7584-1
お問合せ 0494-25-1175
営業時間 10時00分 ~17時00分
3月下旬~11月上旬までの期間限定
定休日 平日定休。土日祝日のみ営業。
釣った魚を食べる施設 あり
電車でのアクセス 西武秩父線 横瀬駅 から 徒歩約35分

入川渓流観光釣場

所在地 埼玉県秩父市大滝5712-3
埼玉県秩父市大滝5712-3
お問合せ 0494-55-0809
営業時間 8時00分~17時00分
定休日 11月~3月
釣った魚を食べる施設 あり
電車でのアクセス 秩父鉄道三峰口駅から西武バスで30分(秩父湖行き)
バス停秩父湖からバスで20分(川又行き乗換)
川又から徒歩で20分
お車でのアクセス 関越自動車道路・花園ICより、国道140線で長瀞・秩父方面に
(雁坂トンネル手前までひたすら直進)
大峰トンネルをぬけてすぐ(川又地区・入川橋手前)入川林道に左折(看板あり)して約2km
公式サイト http://www.trout-irikawa.jp/

浦山渓流フィッシングセンター

所在地 埼玉県秩父市浦山3235-1
埼玉県秩父市浦山3235-1
お問合せ 0494-25-3922
営業時間 4月 ~ 9月 8時30分~17時00分
10月 ~ 11月 8時30分~16時00分
定休日 金曜日(GW、7・8月は無休)
釣った魚を食べる施設 あり
電車・タクシーでのアクセス 秩父鉄道 浦山口駅 よりタクシー約25分
お車でのアクセス
(駐車場あり 25台)
 県道73号線で浦山ダム方面に進み道なり
インターから約45キロ

いかがでしたか?

秩父で釣りたくなった時にお役に立てれば幸いです。
もちろん、夏休み中のアウトドアにもオススメですよ!エンジョイ釣りライフ!

スポンサードリンク

ちーぽん編集部

投稿者プロフィール

ちーぽん編集部はオール秩父出身・在住のスタッフのチームです!!
秩父に関するいろんな情報をお届けしています。
みなさまからの情報提供も絶賛受付中♪
各公式SNSより更新情報も配信していますので、気軽にフォローお願いします。

この著者の最新の記事

ちーぽんについて。~私たちの想い~

秩父大好き♡

だから、たくさんの人に秩父を好きになってほしい! 秩父をより深く知ってもらうために、さまざまな情報を掲載していきます。

最新記事

スポンサードリンク

秩父の天気

ページ上部へ戻る