2016年版 秩父の花火大会情報 6選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夏の風物詩「打ち上げ花火」。
数多くの多彩なお祭りがある秩父で、打ち上げ花火を鑑賞しませんか?

秩父の打ち上げ花火情報 2016

2016年に開催予定の打ち上げ花火の情報です。
今年の夏は秩父で楽しみましょう!

秩父川瀬祭

秩父夜祭と対比するお祭りで、昼間に行われます。
そのほかにも、夜祭が冬に対し川瀬祭は夏、大人に対し子どものお祭りとなっています。

開催日  7月19日・7月20日
会場  秩父神社周辺
お問い合わせ  (秩父市観光課)
0494-25-5209
 

交通アクセス

 

電車で

西武鉄道 西武秩父駅 下車
徒歩約15分

お車で
(無料駐車場約500台有)

関越道花園IC から 国道140号経由
35km 約40分


岩殿沢花火大会

岩殿沢花火大会と同日に盂蘭盆会も行われます。
盂蘭盆会では、水子観音ともよばれる約14,000体のお地蔵様に灯りが灯されます。

開催日 8月13日
会場 小鹿野町 紫雲山地蔵寺
お問い合わせ (小鹿野両神観光協会)
0494-79-1100
交通アクセス 電車で 西武鉄道 西武秩父駅 より 西武バス栗尾行き
栗尾 下車 徒歩約20分
お車で 国道299号 小鹿野町のバス停 栗尾 の先
水子地蔵寺 の看板を右折 約2km

 

秩父音頭まつり

秩父音頭は皆野町が発祥の地で、関東三大民謡の一つとして数えられています。
流し踊りコンクール終了後に、スターマインと尺玉連発打が美の山から打ち上げられます。

開催日 8月14日
会場 皆野町役場前おまつり広場
お問い合わせ (秩父音頭まつり実行委員会)
0494-62-1311
交通アクセス 電車で 秩父鉄道 皆野駅 下車 徒歩約7分
お車で
(無料駐車場800台有)
関越道 花園IC から 皆野寄居バイパス経由
車で約20分


長瀞船玉まつり

船下りの船頭が水上の安全を祈願して水神様をお祀りしたのがその始まりとされ、
約1,000基の灯篭が荒川へ流され、ちょうちんをつけた船が水上を行き交います。

開催日 8月15日
会場 長瀞岩畳周辺
お問い合わせ (長瀞船玉まつり実行委員会)
0494-66-3311
交通アクセス 電車で 秩父鉄道 長瀞駅 下車
徒歩 約5分
お車で
(有料駐車場1000台有・500円)
関越自動車道花園IC から 国道140号を
長瀞方面へ 車で18km


聖地公園行燈祭り

あんどん点火・秩父屋台ばやし演奏大会は18:00頃から始まり、
約1200発の花火が打ち上げられます。

開催日 8月16日
会場 秩父 聖地公園
お問い合わせ 0494-22-3469
交通アクセス 電車で
秩父鉄道 秩父駅 または 西武鉄道 西武秩父駅 より
送迎バスで約20分

お車で
(無料臨時駐車場有)

関越自動車道 花園IC より国道140号を
秩父方面へ 約50分
赤平川納涼花火大会

花火大会の前、日没頃からは約1000個の灯籠が赤平川に流されます。
手の届きそうなほどの距離で体感する打ち上げ花火は、もう迫力満点です。

開催日 8月14日(予定)
会場 小鹿野町伊豆沢河原周辺

お問い合わせ

(西秩父商工会青年部小鹿野支部)
0494-75-1381

交通アクセス

 

電車で

西武鉄道 西武秩父駅 から 西武観光バス小鹿野車庫
または栗尾行 小鹿野町役場 下車 徒歩約15分
お車で
(無料駐車場200台有)
越自動車道 花園IC から 国道140号線 299号線 経由
車で約1時間20分

 

秩父に残る多彩なお祭り

秩父地域では、現在でも多くのお祭りが残されています。
なんと年間300日ものお祭りがあるとまで言われています!

秩父で打ち上げ花火が楽しめるのは夏祭りだけではなく、
有名なお祭りでは秋に龍勢祭り、冬には秩父夜祭と、本当に一年中楽しめます。


さて、まずは2016年、今年の夏!秩父でエンジョイしましょう!

ちーぽん編集部

投稿者プロフィール

ちーぽん編集部はオール秩父出身・在住のスタッフのチームです!!
秩父に関するいろんな情報をお届けしています。
みなさまからの情報提供も絶賛受付中♪
各公式SNSより更新情報も配信していますので、気軽にフォローお願いします。

この著者の最新の記事

関連記事

ちーぽんについて。~私たちの想い~

秩父大好き♡

だから、たくさんの人に秩父を好きになってほしい! 秩父をより深く知ってもらうために、さまざまな情報を掲載していきます。

最新記事

  1. 20170617花菖蒲001
  2. 札所13番慈眼寺あめ薬師縁日の賑わい 秩父ちーぽん

秩父の天気

ページ上部へ戻る