梅雨のファッションも楽しもう☆服装のポイントまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

せっかくのお出かけなのに、雨が降ってしまってガッカリ…。
そんな経験のあるあなた、必見ですよ!
ファッションのポイント、雨の日の楽しみ方をご紹介☆

梅雨の時期は耐えるしかないの?

雨の日にいつも通りのファッションで外出すれば
水たまりや傘の水しぶきで徐々に体が濡れて冷えてしまいます。
湿度の高さにより、じっとり汗ばんでくるのも厄介ですね。
雨の日は外出しない!という方も
梅雨の間中ずっとお出かけを我慢するのはストレスですよね。
今回は「梅雨は耐えるしかない…」とあきらめている方に
雨の日のファッションのポイントと、楽しみ方をご紹介します。

雨の日ファッションのポイント

濡れやすく冷えやすい足元をカバーしよう

お洒落は足元から、と言われますが
梅雨の対策も足元から!しっかりとカバーしてあげることはマストです。
そのためには

  • 靴下をはく サンダルではなく靴下をはくことで冷えにくくなります。
    足元を冷やすと体全体が冷えてしまう原因にもなるので要注意です。
  • レインブーツをはく なんといっても防水してくれるレインブーツは頼りになります。
    最近ではショートタイプなど、ファッション性の高いデザインも多くあります。
  • ダークカラーシューズを選ぶ 濡れてしまった場合でも、色の変化がわかりにくいです。
    スニーカーなら、靴底がしっかりとしているものだと安心ですね。
    雨

寒さと蒸し暑さに対応しよう

1日の中でも体感気温が目まぐるしく変化する梅雨は
雨による肌寒さと、湿度による蒸し暑さの対策が必要です。
簡単な対策としては、カーディガンパーカーなどの羽織りものを活用しましょう。
1枚あれば、暑さ、寒さどちらにも対応できますし、
軽いものを選べば荷物にもなりません
この時に注意することは、透け感の強い素材は避ける事。
雨に濡れてしまった場合に、あまりにも透けてしまうと
上品さが消えてだらしなく見えてしまうので、素材で選ぶのが大切です。

梅雨以外での服装も気になる方はこちらの記事も参考にしましょう!

次のページでは雨の日に憂うつになる理由、
そして雨の日を楽しむためのヒントについてお話しします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でちーぽんをフォローしよう!

ページ:

1

2

関連記事

ちーぽんについて。~私たちの想い~

秩父大好き♡

だから、たくさんの人に秩父を好きになってほしい! 秩父をより深く知ってもらうために、さまざまな情報を掲載していきます。

最新記事

  1. 横瀬寺坂棚田のホタルかがり火と武甲山

秩父の天気

ページ上部へ戻る