学業成就のパワースポット 秩父の氏神様 秩父神社 

スポンサーリンク
秩父神社の本殿-秩父の氏神さま

秩父神社の神様

秩父神社では、

八意思兼神(ヤゴコロオモイカネノミコト)

天之御中主神(アメノミノカミヌシ)

知知夫彦命(チチブヒノミコト)

が祀られています。

八意思兼神は知恵の神様として有名です。
いろいろな立場から物事が考えられるため、神々に難題や危機が生じたときは八意思兼神が知恵を絞り乗り越えてきたと言われています。

秩父神社が学業成就の神社として有名なのはこの八意思兼神が祀られているためです。

秩父神社の池

天之御中主神は古事記のなかで最初に出現した神で天の中心の至高神となり天地創造に関わった神様です。
尊い神様ですが他の神々と違い歴史書に記述がないため実際に信仰されることはありませんでしたが、天の中心の至高神=妙見菩薩という考えが生まれ、中世以降信仰されることとなりました。
秩父神社では天之御中主神が祀られる以前は妙見菩薩が祀られており、神仏分離になり天之御中主神が祀られるようになったのです。
秩父神社の神門

知知夫彦命は八意思兼神の子孫で、崇神天皇の時代に知知夫国の初代国造に任命された神様で、秩父開拓の祖神です。

また秩父神社では昭和28年から昭和天皇の弟君の秩父宮雍仁親王も合祀しています。

秩父神社の情報

所在地 埼玉県秩父市番場町1-3
お問い合わせ 0494-22-0262☎電話する 秩父神社社務所
交通 ◆電車
西武秩父線「西武秩父駅」下車 徒歩15分
秩父鉄道「秩父駅」下車 徒歩3分
◆車
関越自動車道花園I.C.より国道140号線を秩父方面へ 皆野寄居バイパス利用で約25km(約45分)
駐車場

秩父神社までのアクセス


スポンサーリンク

ページ上部へ戻る