釣り堀という名の瞑想場

11月に大血川渓流観光釣場に行きました。ニジマスのコースを選びました。

川のせせらぎの中、日常を忘れての釣りは乙なものでした。

思えば現代は情報や物に溢れ、急流に流されるが如く通り過ぎようとしています。

魚ならなんてことはないのでしょうが、地に足をついて生きる者にとっては少し不安定なのかもしれません。

この寒さの中、魚たちも縮こまって一箇所に留まろうとしているかのようです。餌が欲しいのかすぐ釣り針に食いつきました。

1匹、2匹釣れました。「もう一匹、来い!!」と思いながら釣り糸を垂らしていると、ふと降り注ぐ日差しが綺麗でした。

川の流れのザアザアという音、岩と木漏れ日だらけの釣り場、世の中の喧騒など始めからなかったかのようにその場所は居心地の良い雰囲気を醸し出していました。

「太古の昔、人類が川の近くに文明を築いたのもそんな居心地の良さを求めていたからなのかもしれないな…。」とその時思いました。

4匹釣れました。

大血川渓流観光釣場

営業:3月1日〜11月30日 7:00〜17:00 (3・10・11月は8:00〜16:00)

料金:イワナ・ヤマメ(1日) →¥4,500

   イワナ・ヤマメ(2時間)→¥3,500

ニジマス(1日)    →¥3,500

   ニジマス(2時間)   →¥3,000

ニジマス(1時間)   →¥1,800

※エサ・貸竿セットの場合→+¥500 

スポンサーリンク

人気記事

ページ上部へ戻る