二十八番 橋立堂(はしだてどう)

スポンサーリンク
28番 橋立堂

石龍山(せきりゅうざん)橋立堂(はしだてどう)
本尊  馬頭観世音菩薩
宗派  曹洞宗
ご真言 おん あみりと どはんば うん はった そわか

馬頭観音

馬頭観音をご本尊としているのは大変珍しく、日本百観音の中では、
西国二十九番 青葉山松尾寺とここ二十八番のみです。

馬頭観音は憤怒の相をもち、馬のような勢いで悪を蹴散らす一方
深い慈悲の心を持つといわれる観音さまです。

馬の守護本尊ともされることから、馬が農作業、人や物の運搬に重宝されていた
時代、縁日には馬をひいて参詣する人で大変な賑わいだったそうです。

ここに、近隣諸国から愛馬を連れた人々がわんさかやって来ていた、、、
そんな光景を想像するだけでなんだか楽しくなります。

28番 橋立堂

左甚五郎

観音堂右手に「馬堂」と呼ばれる小さなお堂があり、そこに
栗毛と白馬のかわいらしい2頭の馬の木像が並んでいるのですが、作者は名工
左甚五郎といわれています。

秩父神社の「つなぎの龍」だけではありません。二十八番のポニーも一見の価値ありです。

お休み処もあります!

お食事処からカフェまで。おなかも心も満たしてシ・ア・ワ・セ。

札所二十八番への行き方

◇秩父鉄道「浦山口駅」から徒歩15分
 西武鉄道「西武秩父駅」から西武バス「浦山常盤橋行き」乗車
 「浦山口」下車 徒歩15分
◇二十七番から徒歩15分(1.3km)

お問い合わせ

橋立堂(はしだてどう)
埼玉県秩父市上影森675
0494-24-5399

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る