秩父のお花を楽しむ金曜日「つつじ」花金ep. 1

       
  • 2017/5/19
  • 更新日 2017/7/14
  • 857
スポンサーリンク
赤色のつつじ イメージ 花金11

あなたは今、誰に愛されていますか?
”誰か”が思い浮かんだのなら、
それは、それこそが、幸せなのかもしれません。

美しさは派手さではなく、慎みである

鮮やかな色や形から、派手な印象を受ける「つつじ」。

つつじの字には「蹢躅(てきちょく)」という漢字が使われます。
蹢躅とは、たたずむ、行ったり来たりを繰り返す、という意味をもちます。

なぜこの字が使われるのでしょう。

所説ありますが、つつじの美しさに足を止めてしまうことから
蹢躅の字が使われるようになったといいます。

そんなつつじのもつ花言葉は「慎み」。

華やかで人目をひくその姿からは想像し難いですが、
つつじの一般的な花言葉です。

着飾ることが美しいのではない、と気づかされます。

あなたに愛されて幸せ

つつじの花言葉で有名なものがもう1つ。

「愛で満たされる」。

特に白いつつじの花言葉は、
「初恋」、「あなたに愛されて幸せ」、「満ち足りた心」。

素敵な言葉ばかりですね。

あなたに愛されて幸せ、ちゃんと伝えなくちゃ。
愛しています、愛してくれてありがとう、もっと愛させてね。

家族、友人、仲間、恋人。
あなたが伝えたい人は誰でしょう。

頑張りすぎないでのメッセージ

赤いつつじには「節制」「恋の喜び」の花言葉があります。

節制。つまり、ほどほどに。

全速力でダッシュしている時こそ、丁寧な呼吸で。

誰かに心惹かれて、いつもより素敵な自分でいられる、
そんな気持ちを見逃さないためにも、マイペースで行きましょう。

頑張りすぎてお疲れモードの大切な人を、つつじを見に行こう!と、
リフレッシュに誘うのもいいかもしれませんね。

慎みと愛の喜びを

私たちは日々の暮らしの中で、
いつの間にか当たり前になっていることがたくさんあります。

愛されていること。愛する人がいること。

その喜びは、大げさな言葉やモノで表す必要はありません。
「あなたに愛されて幸せ」、そっと感謝を伝えることが大切なんです。

優しく手を握って、愛の喜びを思い出して、忘れないで。

つつじについて

見ごろ :4月~5月
花言葉 :慎み・愛で満たされる
撮影場所:美の山公園
写真提供:岩間 秀朗

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る