あの花で有名な椋神社の概要 アクセス

スポンサーリンク

椋神社(むくじんじゃ)は、龍勢(りゅうせい)祭りや、秩父事件、
「あの花」でも有名な秩父市下吉田にある神社です。

椋神社(むくじんじゃ)について

椋神社は、昭和49年12月23日に市指定有形文化財(建造物)に指定され、
県道37号皆野両神荒川線沿いに鎮座しています。
延喜式神名帳の秩父郡の項に秩父神社と共に記されている古社です。
2016年の6月吉日、鳥居の立て直しも行われ、さらにパワーアップしています。
秩父地方には、皆野町皆野の椋神社(皆野椋神社/大浜の椋神社)をはじめ
他にも椋神社があるため、「吉田椋神社」「下吉田椋神社」とも呼ばれています。

有名なお祭り「龍勢祭」が行われるのもこちら、椋神社です。
10月の第二日曜日に椋神社例大祭に奉納する神事として、
代々伝承されてきた農民による手作りロケットが龍勢です。
県指定無形民族文化財にも指定されています。
椋神社は「あの花」のドラマのロケにも使用されました。
※「あの花」=「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
 秩父を舞台にしたアニメ。漫画化や実写化もされました。


椋神社の所在地・アクセス

所在地
埼玉県秩父市下吉田7377

お問合せ
椋神社々務所 0494-77-1293
教育委員会事務局 文化財保護課 0494-22-2481

交通アクセス
〇電車でのアクセス
  (1)秩父鉄道 秩父駅 から 西武観光バス 秩父吉田 で 吉田元気村行き 乗車
    龍勢会館から徒歩で10分
  (2)西武鉄道 西武秩父駅 から 西武観光バス 秩父吉田 で 吉田元気村行き 乗車
    龍勢会館から徒歩で10分
  (バスは運行本数が少ないため、時刻にご注意ください。)

〇車でのアクセス
  皆野町にある国道140号線「大塚」信号 皆野寄居バイパス終点 から
  「新皆野橋」を渡り、吉田方面の標識に従って約7km。
  (※神社の県道側に駐車スペースあり。)

椋神社の無患子(むくろじ)

椋神社のご神木のひとつに無患子(むくろじ)があります。
椋神社境内に無患子の木があり、枝についた黄色い実からは黒い大きな種が取れます。
この黒い種は、お正月遊びでおなじみの羽根つきの羽根にも使用されています。
無患子は、その字の通り『患いの無い子』、つまり
健康な子どもを意味していて、縁起のいい実とされています。
また、その固い実の様から『身を守る』お守りとして、ストラップにもなっています。
※無患子のストラップ(お守り)は秩父吉田の椋神社のみの取り扱いです。

龍勢祭の時期に注目される椋神社ですが、
四季折々の姿が楽しめる境内を全身で感じたり、静かな気持ちで参拝したり、
ゆっくりと歴史や自然に触れて楽しみたい、という方には
龍勢の時期『以外』でのおでかけがオススメです。
「あの花」の雰囲気や世界観が体感できるのも、穏やかな秩父の風景の中でこそ。
ぜひ、秩父を感じにいらしてください。
一度は訪れたことがある方も、建て直された立派な鳥居に感動してしまうかも。

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る